[読書]きら/アトリエ777

アトリエ777(1) (BE・LOVEコミックス)

アトリエ777(1) (BE・LOVEコミックス)


どっかのニュースサイトで知ってKindleで読了。
メイクアップアーティストをやっている主人公がひょんなことから特殊メイクの世界に踏み込む話。
と、書くと大したことないんだけど、導入の展開とかその後のキャラクターの配置とかなかなか見事な感じで続きを読む欲望を持たされる。
これは名作になる予感を感じる。
だけど、始めの方で出てくる特殊メイク表現はどうかと思う。
特殊メイクが主題なのでそこが一番大事なのだけど、漫画では特殊メイクはただそのキャラが他のキャラを纏うという作画になってしまうので、
特殊メイクをしているというのではなく、ただ、別のキャラのモノローグが元のキャラということになってしまう。
ここをどうにか超えてもらいたい。