読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[映画]バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

映画


バットマンVSスーパーマンということで当然、対立しつつも最後は和解して、強敵に当たるというストーリー。
原作コミックの知識があると今回のラスボスは出てきた瞬間に、最後の展開はああなるのはわかる。
実は、この映画では全編にわたりそういうことになる。
マンオブスティールの最後の戦いを見たときに思っていた、必要以上に街を無茶苦茶に破壊してた展開が実は今回の冒頭にバットマンであるブルースウェイン視点で目撃されそれが反スーパーマンの動機になっているところとかなかなか膝を打つ展開。
その割には今回のラストは街を無茶苦茶にしてるのはご愛嬌。
まぁ、一応、ここは人がいないという説明入れてたし。
真のボス的なポジションのレックス・ルーサーは、かなりエキセントリックな人物として描かれていて、今後、ジョーカーと被ってくるような気がするのはどうするのだろ?
秘書のTAOさんはかなり存在感あるのにあんなことになってしまって勿体無い。
意外と今後も出てきたりして。というか、そうして欲しい。
バットマンの動機は家族というものに貫かれていてかなり行動原理はわかりやすく、スーパーマンとの対立の理由も和解の理由も納得感は強い。冒頭からそれは強く触れられているし。
ちょっと唐突感もすごいけど。

ベン・アフレックバットマンはかなり良くて、個人的には歴代で最高。
是非、バットマンの単独も作って欲しい。
バットマンは人を殺さないとか銃を使わないという紹介になるけど、今回の映画ではそこら辺はそんなこともなく人を殺したり、銃を使ってるようには見える。
ワンダーウーマンはかなり良くて、美しく、セクシーで素晴らしい。
でも、実写にするとコスプレ感はハンパない。
1人だけめちゃ浮いてる。もっと自然にはできなかったのか?
あと、バットマンのレックスコープのハッキングというかデータ盗むのは簡単すぎやせんか。
レックス・ルーサーがわざと盗ましたということなんだろか?

スーパーマンの神感を強調した展開なのに、後半はスーパーマンのボンクラぶりがすごい。
神に祭り上げられてしまった、神ではなくヒーローであろうと努力しようとしているスーパーマンというストーリーには合致するけど、
マンオブスティールの時に世界中の音を聞いてたし、アフリカのロイスのピンチに気付くんだから、同じアメリカの母親のピンチぐらい気づけよとか。
先にお前が母親を助けに行けよとか。

今回の映画はかなりいい映画には仕上がってはいるのだが、そう思えるには、最低限、バットマンとスーパーマンジャスティスリーグのメンバーに関する知識は不可欠。
映画としてストーリーは一応、今回で完結しているんだけど、中でばら撒かれる次回以降の伏線の数々は原作コミックの知識がないとアレらは一体なんなんだということになる。
レックス・ルーサーがなんであんなにスーパーマン嫌ってるかの説明も曖昧。
ワンダーウーマンに関してもすごく重要なのにこの映画ではまるで紹介がなく謎の美人スーパーマンみたいな人という扱い。ワンダーウーマンという名前にも触れている箇所はなかったように思う。
今後のメンバー紹介みたいにメタヒューマンという名前でフラッシュ、アクアマン、サイボーグの映像が出るけどこれも説明無し。
そもそも、バットマンのアルフレッドも何も説明無く、知ってるだろって感じ。というか、バットマン自身がほぼなんの説明もなく活動してる。
他にも、バットマンの口からジョーカーとの戦いがすでにあったことや、キャットウーマンのことだろうと思われるセリフとかもありどこまでが伏線でどこまでがただの原作のオマージュなのかはわからない。
この次にはスーサイドスカッドが公開され、そこにはジョーカーがいるのでこのジョーカーは今回の映画で触れたジョーカーと同一人物かどうかも不明。
途中でバットマンの夢に出てくる人も多分、フラッシュさんなので未来から来たんだろうなとかそういうことも原作を知らないと意味不明。特に、このシーンは意味不明の度合いがすごい。

ここまで原作の知識を要求される大作映画っていうのはいいのだろうか?
アメリカでは常識かもしれないけど、少なくとも日本では厳しい。
マーベルは時間をかけてアベンジャーズにつなげてたけど、DCはこんなに駆け足でジャスティスリーグにつなげて本国以外で成り立つのだろうか?
映画のグリーンランタンは失敗してるし。
フラッシュとアローはドラマの上、別世界だし。

もっと追記するかも。やっぱり、この映画はかなり好きかもしれん。

2016-10