読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[映画]ディストラクションベイビーズ


柳楽優弥主演、横を菅田将暉小松菜奈が固める最高の映画。

ストーリーは愛媛県松山市三津浜というところで生きている柳楽優弥とその弟。
ある日、柳楽優弥はそこから姿を消し、松山市の繁華街で目に付いた男に喧嘩をしかけるというかいきなり殴りかかるという行動を繰り返す。
はじめは傍観者だった菅田将暉はいつしかその狂気に感染し自分の狂気が解放され、女、老人に殴りかかる。
そこに万引き癖のあるキャバ嬢の小松菜奈が巻き込まれてという映画。

上にストーリーを書いたけど、ほとんどそこには意味はないし、故郷の港町にもほとんど意味はない。

なぜならば、柳楽優弥の暴力にはほとんど説明はなされずセリフもほとんどなく理不尽な災厄としての暴力としか描かれていないから。
菅田将暉の暴力についてもほんの少ししか理由的なものはないので柳楽優弥と同じ。

この説明のなさは70年代のATG的な味わいがある。
特に青春の殺人者の後半。
この映画を見たら続けてみてもらいたい。

まぁ間違いなく今年上半期のトップ5には入る。

ストーリーの適当さとか柳楽優弥の怪我がすぐ治るとか、顔が腫れないとか、拳の怪我が次のカットで無くなったりとか細かいとこはつっこみたくなるところはあるが、そもそも、この映画は強度のみを求めて作ってるとしか思えないのでそこは別に瑕疵になってるわけではない。

あと小松菜奈さんは細かいところが大事な役なので書かないけどめちゃくちゃいい。
バクマンの時に大して美人なだけでいい俳優さんとは思ってなかったけど完全に見誤ってた。
めちゃくちゃいいです。

あと、少しだけ池松壮亮がでてるんだけどこれもすごくいい。

映画館の大きな画面と大きな音で是非見てもらいたい。向井秀徳の音楽も最高だし。
ただ、すごく人を選ぶ。意味のないストーリーだし陰惨だし、そこには引っかかる人はいると思うがこの本当に強い強度の映画と俳優さんの素晴らしい演技に耽溺してほしい。

16