読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[映画]レヴェナント 蘇りし者

映画


ディカプリオ演じるグラスとその息子が毛皮取りの一団と旅をしているがインディアンが隊を襲ってくるので砦まで敗走中。
その途中、グリズリーに襲われて大怪我を負い、その一団に見捨てられ、息子を殺され、その犯人を追うという映画。

最高の映像に、ディカプリオ始め俳優陣の素晴らしい演技、音楽も最高なのに映画としてはイマイチ乗り切れない感じでした。

まぁ、荒唐無稽な話なんだけど実話ベースなのだから仕方ない。

主人公のウィキペディアもある。

映画内での時間の経過がわかりにくいので、
ディカプリオの重傷からの回復がすごいすごい。
足が逆向いてるのに結構早く歩けるようになったり、身体中の化膿がハーブサウナで治ったり。

息子は殺した犯人に対しては映画を見ればそんなに悪感情は起きない。
あの状況なら殺すやろって。

インディアンが白人を襲うのにも動機が用意されてて悪感情は少ない。

ようは、この映画では誰も悪役はいなくて開拓時代のプレーヤーとして正しく行動してるという。
その証拠にこの映画では何度も神の不在について語られている。
なのに、ラストは神に選択を委ねるという形になっている。そこに納得感はあまりなく、確実にほぼ殺してて、あれを神の選択にまかしたと言えるのか...。

ただ、好きな人には間違いなくいい映画で映像を見ているだけでもかなりいい映画。
ストーリーは適当やけど。

ただ、この映画みてわかったのは漫画のホークウッドはハリウッドに持って行って映画化したらいいんじゃないかなと。
あと、もう1つ思いついたけど忘れてしまった。

15